読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へんてこの何か

なにがし

kitematicを読んでる part2

前回からkitematicを読んでる
今回はkitematicがどうやってdockerとかVirtualBoxなどの依存するパッケージをインストールしているかを調べてみた

依存するパッケージのインストール方法

結論として、現状のkitematicではDocker Toolboxをユーザーの手でインストールしてもらっているみたい

https://github.com/docker/kitematic/blob/master/src/components/Setup.react.js#L49

すごい単純だった
実際に動かしてないから多分だけど

昔のkitematicではどうしていたか

現状では手動のインストールだけど、前のverとかだとどうしていたか気になったので調べてみたら、バイナリをコピーしたりしていた

https://github.com/docker/kitematic/blob/0ca35b5db1d614a0d0d00c98d060fdd4fc220ae5/src/utils/SetupUtil.js#L37

VirtualBoxインストーラーを叩くようにしているみたい

https://github.com/docker/kitematic/blob/0ca35b5db1d614a0d0d00c98d060fdd4fc220ae5/src/utils/SetupUtil.js#L54

割りと泥臭いけど、こんなんでいいかみたいな安心感ある

次はlocalにインストールされているdockerとかの確認をどうやってやっているかを詳しく読みたい