読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kitematicでjenkins 2系を動かしてみる

前回とかでkitematicを読んで見てたけど、とりあえず最新verのkitematicを動かしてみたくなったので最近v2になったっぽいjenkinsを動かしてみた

jenkins 2.xをkitematicで起動する

kitematicを起動して検索窓に jenkins って入れるとオフィシャルのjenkins dockerが出てくるので選ぶ

f:id:henteko07:20160618200406p:plain

ここでそのままcreateを押すとlatestなverのjenkins(現状はv1.651.3)が立ち上がってしまうので、ここはtagを選択してインストールしたいverを選択する
とりあえず2.3くらいにしてみた(最新は2.9みたい changelog)

f:id:henteko07:20160618200652p:plain f:id:henteko07:20160618200657p:plain

これでcreateを押せば、指定のverのjenkinsが起動する

jenkins が立ち上がったら

jenkins 2系からかなり変わって、最初にjenkinsのダッシュボードにアクセスするとこんなのが出てくる

f:id:henteko07:20160618200835p:plain

なにやらパスワードをコピペしてこいと書かれているので、kitematicのこの部分のexecボタンを押して対象のdocker内で以下のコマンドを実行して出てきた文字列をコピペしてみた

f:id:henteko07:20160618200951p:plain

$ cat /var/jenkins_home/secrets/initialAdminPassword

そしたら次はプラグインのインストールしとく?みたいに聞かれるので、とりあえずインストール押しといた

f:id:henteko07:20160618201222p:plain f:id:henteko07:20160618201156p:plain

インストールが終わると普通にAdminユーザー作ってログインできた
お手軽感がすごい

f:id:henteko07:20160618201321p:plain f:id:henteko07:20160618201412p:plain

さいごに

kitematic経由でjenkins 2系をdockerで動かしてみた
すごい簡単すぎた
特にkitematicからexecボタン押したら即dockerコンテナ内でコマンド打てるの楽すぎるでしょ

jenkinsが2系をまだ触って見てないからちょっと触ってみる