読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

microsoft_computer_vision v0.2.0 をリリースしました

Microsft Computer Vision APIRubyライブラリである microsoft_computer_vision の v0.2.0 をリリースしました。

github.com

CLIに対応

v0.2.0 から、mscv というコマンドが使えるようになりました。
ターミナルなどから直接Microsft Computer Vision APIを呼び出して画像を解析することが可能です。

$ mscv analyze /path/to/image --subscription_key your_subscription_key

インターフェースを使いやすく

Rubyのコードから呼び出すコード側も修正しました。 Microsft Computer Vision APIに画像を渡す場合、画像のURLを文字列で渡すか、ローカルの画像ファイルをdataとして渡すか2通りのパターンがあるのですが、どちらの場合でも同じように呼び出すようにしました。

client = MicrosoftComputerVision::Client.new('your_subscription_key')
res = client.analyze(image_url_or_local_path, {})

おわりに

Microsft Computer Vision API楽しい!