「まるごとわかる3Dドットモデリング入門」が発売開始されました!

MagicaVoxel本こと「まるごとわかる3Dドットモデリング入門」が本日7/24より発売開始されました!

Amazonだけでなく、本屋さんにも並んでいますのでぜひお近くの本屋さんでもお買い求めください!
また各種サイトにて電子版も同時発売です。そちらも合わせてよろしくお願いします。

gihyo.jp

f:id:henteko07:20180705073824j:plain:w300

どんな本?

本書は3D"ドット"モデリングの入門書です。
具体的には「MagicaVoxel」という無料の3Dドットモデリングソフトを使って簡単な3Dモデルを作成していき、最終的にはUnityで簡単なゲーム開発をするまでをカバーしています。

ephtracy.github.io

実際に以下のような3Dドットモデルを本書では作成することができます。

f:id:henteko07:20180705162034p:plain

ゲーム素材が用意できないエンジニアに読んでもらいたい!

本書は3Dモデリングを行うことが初めて、もしくは過去にやったことはあるが挫折してしまった人に向けた本です。
3Dのゲームを作りたいが素材となる3Dモデルを作るのに躊躇している人に、少しでも「もしかしたらこれなら自分でもできるかも?」と思ってもらえたらすごい嬉しいです。

そしてその結果面白いゲームが世の中に溢れたら僕が幸せになれますのでよろしくお願いします!

3Dモデルの活用範囲はとても広い

3Dモデルが自分で作れるようになると、そのスキルはとても便利になります。

MgicaVoxelでは主要モデルファイル形式としてエクスポートすることに対応していますので、ゲーム以外にも様々な用途に使うことができます。

例えばiOSAndroidアプリの開発者の場合、ARKitやARCoreで自作モデルを表示することができます。
また去年くらいから流行り始めているVRChatなどでオリジナルアバターとして使うこともできます。
更に3Dプリンターなどで印刷すれば、オリジナルフィギュアだって作れてしまいます。(本書ではおまけの章でDMM.makeによる3Dプリントをする方法も書いてあります)

このようにエンジニア自身が3Dモデルを作れるだけでやれることの範囲がグッと広がります。
みなさんにも是非、本書を読んで自分の出来ることが増える喜びを感じてほしいです。

おわりに

本日発売の「まるごとわかる3Dドットモデリング入門」のご紹介でした。
少しでも面白そうだなと思ったら是非お手に取ってみてください!

3Dドットモデリング本が新宿や池袋、秋葉原で先行販売してます!

こんにちは!暑くて死にそうなへんてこです。

先日お知らせして来週7/24に発売する「まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~」が現在、新宿紀伊国屋書店、池袋ジュンク堂秋葉原書泉ブックタワーにて先行販売が行われています!

いち早く本が手に入るチャンスですので、気になる方で近くにこれらの店舗がある方は是非手に取って見てみてください!

献本が届きました!

先行販売と同時に、著者である僕の元にも献本が届きました!

f:id:henteko07:20180721004936j:plain

記念に表紙にいる、ひよこにわとりのフィギュアとも撮ってみました。

f:id:henteko07:20180721005023j:plain

ちなみにこのフィギュアの作り方も本の中に書いてありますので気になる方は是非読んでください!

Amazonの新着ランキングで1位になりました!

皆様のおかげで、Amazonのゲームプログラミングカテゴリの新着ランキングで1位を取ることができました!ありがとうございます!

f:id:henteko07:20180721005712p:plain

引き続きAmazonでは予約受付中です!

それでは先行販売中の「まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~」をよろしくお願いします!

「まるごとわかる3Dドットモデリング入門」という本を出版します

本を書きました!

f:id:henteko07:20180705073824j:plain:w300

こんにちは、ボクセル大好きっ子のへんてこです。
この度「まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~」という本を書かせていただきました。

gihyo.jp

どんな本?

本書は3D"ドット"モデリングの入門書です。
具体的には「MagicaVoxel」という無料の3Dドットモデリングソフトを使って簡単な3Dモデルを作成していき、最終的にはUnityで簡単なゲーム開発をするまでをカバーしています。

ephtracy.github.io

本書は特に、3Dモデリングを行うことが初めてもしくは過去にやったことはあるが挫折してしまった人向けに書きました。
これは僕もそうなのですが、「自作ゲームを開発してみたいがキャラクターなどの3Dモデルを用意するのがとても大変で挫折してしまった…」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

3Dモデルの作り方を書いている書籍などを買ってみたはいいものの、本に載っている物を作るのも精一杯、もしくは本自体を完遂できなくて積んでしまうという経験は多くの方があると思います。
というのも、そういった書籍の大体は絵を描くことが出来るなどの基礎部分がある人を前提に書かれていることが多いと僕は感じました。

そこで本書では、初心者の人でもとっつき易く途中で挫折しづらい3Dドットモデリングを題材にし、誰でも見たままを真似るだけで簡単に3Dモデルを作れるようになるというゴールを目指しました。

3Dドットモデリングとは?

3DドットモデリングとはレゴやMinecraftなどのように箱を積み上げていき3Dモデルを作っていくことです。
一般的かどうかは分かりませんが、ボクセルモデリングとも呼ばれています。

最近ですとSwitch/iOS/Android向けにリリースされたポケモンエストというゲームがボクセル調のキャラクターデザインで話題になりました。

www.pokemon.co.jp

本書を読めばこのようなカクカクしたキャラクターなどを作成することができるようになります。

このような3Dドットモデルを作成します

本書では以下のようなモデルを作成していきます。 また全部のモデルサンプルファイルが付属しているので、手元でじっくり確認することもできます。

f:id:henteko07:20180705162034p:plain

ゲーム素材が用意できないエンジニアに絶対読んでもらいたい!

冒頭でも触れましたが、本書は3Dモデリングを行うことが初めて、もしくは過去にやったことはあるが挫折してしまった人に向けた本です。
3Dのゲームを作りたいが素材となる3Dモデルを作るのに躊躇している人に、少しでも「もしかしたらこれなら自分でもできるかも?」と思ってもらえたらすごい嬉しいです。

そしてその結果面白いゲームが世の中に溢れたら僕が幸せになれますのでよろしくお願いします!

3Dモデルの活用範囲はとても広い

更に3Dモデルが自分で作れるようになると、そのスキルはとても便利になります。

MgicaVoxelでは主要モデルファイル形式としてエクスポートすることに対応していますので、ゲーム以外にも様々な用途に使うことができます。

例えばiOSAndroidアプリの開発者の場合、ARKitやARCoreで自作モデルを表示することができます。
また去年くらいから流行り始めているVRChatなどでオリジナルアバターとして使うこともできます。
更に3Dプリンターなどで印刷すれば、オリジナルフィギュアだって作れてしまいます。(本書ではおまけの章でDMM.makeによる3Dプリントをする方法も書いてあります)

このようにエンジニア自身が3Dモデルを作れるだけでやれることの範囲がグッと広がります。
みなさんにも是非、本書を読んで自分の出来ることが増える喜びを感じてほしいです。

フルカラー256ページ!

本書は全篇フルカラーで構成されており、MgicaVoxelの使い方から3Dモデルの作成方法、作成したモデルをUnityにインポートしてアニメーションさせる方法を1から丁寧に解説しています。

また最後の章にC#のコードが少し出てくるのですが、編集さんに無理を言ってコードハイライトとGitHubライクなdiff表示を行ってもらいました!
これによってソースコードも普段GitHubで見ているような感覚で読むことができ見やすいかと思います。

Amazonにて予約受付中!

発売日は7/24ですが既にAmazonにて予約受付中です!

少しでも面白そうだなと思ったら是非お手に取ってみてください!

おわりに

実はこの本の元となる本(同人誌)が存在していまして、去年開催された技術書典2にて頒布した「3Dドットで遊ぼう!〜はじめてのモデリング編〜」です。

henteko07.hatenablog.com

本書はこの同人誌を技術評論社に持ち込んで出版させてくれとお願いした結果、企画が立ち上がった本です。
この同人誌のテーマも「3Dモデルが作れないエンジニアに向けて」だったので、商業になっても大元のテーマはブレずに出版することができて嬉しいです。

それでは「まるごとわかる3Dドットモデリング入門 ~MagicaVoxelでつくる! Unityで動かす!~」を何卒よろしくお願いします。

#技術書典 サークル参加の感想など

技術書典4にサークル参加して来た感想などを雑に列挙していきます

サークル参加して来たよってのは以下の記事に書いたのでそちらも見てください henteko07.hatenablog.com

本執筆の感想

  • 今回の本のリポジトリが出来たのが2/5だった
    • f:id:henteko07:20180424204838p:plain
    • そこから大体全体が完成したのが3月末くらい
    • 印刷所に入稿したのが4/4らへん
    • 実質2ヶ月の期間今回の本を作成していた
  • 今回は新メンバーである @kuniwak を含めた5人で執筆予定だった
    • 2名が原稿締め切り近辺で原稿が落ちるということだったので急遽3名での執筆になった
    • 結果今回の3名の著者全員同じ大学出身という面白い感じになった
      • これは本当に最後の最後気づいた
      • なので実質電気通信大学合同技術同人誌と言っても良さそう(良くはなさそう)
  • @kuniwak の書く内容がキャッチーな感じでウケが良さそうなので単著として出す案があった
    • しかし複数本出してしまうと原稿管理や表紙などのコストが単純に2倍になるのでとりあえず一緒の本に押し込めることになった
    • @henteko07 の商業出版の原稿締め切りと被っていたなどのスケジュール厳しい要因もある
    • 次はまた別の新メンバーも入れる予定なので、次こそは複数新刊にチャレンジしたい
  • 今回作成した表紙などは完全に前回の冬コミなどと同じフォーマットで作成できたのでコスト削減ができた
    • 楽だったが、あまりにも表紙が似ており技術書典4当日にブースで見本誌を既刊と新刊で並べていたらどっちがどっちか分からなくなってしまっていたのでこれは要改善
    • お品書きやダウンロードカードについても完全に流用できて楽だった
      • ダウンロードカードに関してはこれで必要十分なので今後もこれでいきたい
  • 前回できなかった本の背表紙に文字を入れることができてよかった
    • これは本当に満足度が高い
    • 厚い同人誌を作る人は絶対に背表紙に文字を入れたほうがいいです、おすすめです
  • 今回も前回、前々回同様に本の印刷具合が最高だった
    • ポプルスさんありがとうございます
    • もし味噌煮研究所が出している同人誌と同じ感じで印刷したい場合は、以下の構成で発注すると同じ感じになります
      • 印刷所: ポプルス
      • 紙の質: 白上質90k
      • 表紙加工: マットPP

事前の宣伝についての感想

  • 今回も前回同様Twitterの広告を使って宣伝をしてみた
    • 合計2ツイートを宣伝に流した
    • どちらもほぼ同じだけファボとRTがついた
      • インプレッションはGitの方が約23000、D言語の方が約16000になった
      • 拡散力に乏しいようなアカウントには有用な気がした
    • 全部で16000円ほどお金をかけた
      • 費用対効果のほどは正直正確には分からない
        • @kuniwak や他のメンバーも同様に宣伝活動をしてるため計測が不可能に近い
    • チェック数は最終的に174になって、実売の188と似た感じになった
      • 推移はこんな感じ
      • f:id:henteko07:20180424212005p:plain

サークル参加に関しての感想

  • とにかく物理本が完売してよかった
    • 初めて100部も印刷して怖かった
    • ダウンボール2個も来ていて震えた
    • これ全部本当に捌けるのか…持って帰るのダルすぎる…ってなったけど本当に完売してよかった
  • 初めて壁サークルというものを体験した
    • 体験したが技術書典の壁サークルはコミケのそれとは違うというのもわかった
    • 特に壁サークルだからという利点は感じない
    • 壁際よりも、トイレ側の後ろにスペースがあるようなサークル配置の方がスペースに余裕がありうらやましかった
    • 全体的にスペースが狭めだったため窮屈だった
  • 16時の時点でまだ人が多くて驚いた
    • 全然空く気配がなかった
    • コミケならもう人がまばらになっているのに…なんでこんなに人が多いんだ…と思った
    • 6000人来たならしょうがなさそう
    • 運営さんお疲れ様でした
    • 次も少しでも会場や運営費の足しになるようにサークル参加費は多めに払いたい

全体

  • やはり参加してよかった
  • 次も新メンバーを加えてもっと新しいことをしていきたい

#技術書典 にサークル参加してきました

前回の通り技術書典4にサークル参加してきました!

今回はサークル参加してきた結果と、電子版の頒布開始のお知らせをします。

f:id:henteko07:20180422104701j:plain

完売しました!

会場に持ち込んだ物理本100部はありがたいことに全て完売しました! Twitterに書き込んだ時間を見ると、開場から2時間ほどで100部完売したみたいです

その後もダウンロードカードのみの頒布は続けていましたが、最終的に既刊新刊合わせて188部頒布しました。
当日ブースに来てくれたみなさん本当にありがとうございました。

ダウンロード版頒布開始しました

boothにてダウンロード版の頒布を開始しました。
技術書典4当日に来れなかった方はこちらでよろしくお願いします。

miso-lab.booth.pm

おわりに

今回は初めて物理本を100部も印刷しましたが、無事完売してよかったです。
次回は技術書典5もしくは冬コミに参加予定ですので、またその時はよろしくお願いします。

f:id:henteko07:20180422104629j:plain

#技術書典 にサークル参加します!

明日の4/22(日)に秋葉原UDXで行われる技術書典4に「味噌煮研究所」としてサークル参加します!

techbookfest.org

ブース位置は「う-20 味噌煮研究所」です!!!!!

f:id:henteko07:20180421193359p:plain

頒布する本は以下の通りです。

f:id:henteko07:20180421191721p:plain

ニッチ技術への招待 ~ニッチ性に向き合う思考と技術のリファクタリング

f:id:henteko07:20180421192509p:plain

1冊目は新刊です!
内容は Gitの話から始まり、D言語で並行並列プログラミングを学べたり、MeshLabで3Dファイルを変換するなどの多種多様な内容です。

詳しくは以下をご覧ください。

f:id:henteko07:20180421192107p:plain

この本は物理本 + オールカラーPDFのダウンロード券をセットで頒布します。
物理本は数に限りがある為、どうしても物理本が欲しいという方は早めにブースまでお越しください。

MISO SKILLS ニッチ開発者たちの技術マニュアル

f:id:henteko07:20180421192445p:plain

こちらは前回の冬コミ(C93)にて頒布した本になります。
一応既刊と書いていますが、技術書典では頒布していません。

こちらは物理本はなくダウンロードカードのみの頒布になりますのでご注意ください。

サークル参加する準備完了!

先ほどまでサークル参加するためのブースの準備などをしていました!
今回も前回(C93)同様にB1サイズのポスターを作成したのですが、やはり家の中で展示してみるとすごいでかくいですね…

当日はこの目立つでかいポスターをブース後ろに展示予定ですので、目印代わりにお使いください。

f:id:henteko07:20180421171258j:plain

今回は大量にダウンロードカードも作ってみました!
キンコーズで印刷するのがすごく大変でしたがなんとかやり遂げました。

f:id:henteko07:20180421171515j:plain

f:id:henteko07:20180421185802j:plain

おわりに

技術書典4に出るよ!ってお話でした。
当日はブースに今回参加した著者の3人とも居る予定ですので、お気軽に話しかけてください!!!

「う-20 味噌煮研究所」をよろしくお願いします!!!!!!!!1

Xperia Touchで遊んだ話を発表してきました

前回の通りShibuya.apk #17で「Xperia Touchで遊んでみた」を発表してきました

発表資料

speakerdeck.com

発表内容

発表内容をざっくり説明すると

  • Xperia Touchを会社で買ってもらったので色々アプリなど作ってみた
  • その中で得られた知見を共有した

感じです

せっかくなので、Xperia Touch用に作った作品集を以下にまとめてみます

Xperia Touch向けアプリ集

会議室用タイマー

記念すべき第1作目
基本はXperia Touchの構造上の問題で、壁に投射していると操作が非常にしづらいので、それをカバーするにようにUIはでかくしています

会議室用時計

会議室用アプリ2作目
弊社の会議室には時計が存在しなかったので、ないなら作るということで作ったアプリ

隠し機能で、毎週金曜日の23時になると蛍の光が流れます

花火

インタラクティブアートの1作目
昔からこういったおもちゃを手に入れると花火を上げる習性があるため上げた

水面

インタラクティブアートの2作目
花火の応用で水面も実装した

ハッカーっぽいの

インタラクティブではないアート作品
とにかくコードを表示したくて作った

作った結果、あまり面白くはなかった
ちなみに表示しているコードは会議室用時計のものを流用した

魔法陣

この魔法陣は色々試行錯誤した
花火同様、こういったおもちゃを手に入れるとどうしても魔法陣を作りたくなる習性があるらしい

プロトタイプ

最初はプロトタイプとして、星を描画してみた
割と楽しいことがわかったので、本格的に魔法陣制作に取り掛かる

After Effectによる魔法陣制作の試行錯誤

ここからはAfter Effectで魔法陣を作っていった
After Effectを使うこと自体初めてだったので、試行錯誤していった

最終版完成

最終的にはこんな感じになった

割とかっこいい感じを表現できているのではないかと思っている

おわりに

ということでXperia Touchで遊んでみた話を書いてみました
Xperia Touchはインタラクティブアートを作ったり遊んだりする人にはとてもいいおもちゃだと思います
買える人は買うと幸せになれるかもしれません

ちなみに、Xperia Touch公式の動画が非常に良くできているので、これを見るだけでもXperia Touchで何ができるのかがわかると思います

www.youtube.com